top of page

インボイス制度の概要

消費税のインボイス制度、正確には適格請求書制度のことを言います

そもそも消費税は課税売上に係る消費税から控除対象仕入に係る消費税(これを控除対象仕入税額と言います)を控除した金額を納付する税法です

まず課税売上とは事業者の課税対象となる売上高の事を言います

そして控除対象仕入税額とは消費税が掛かっている仕入や経費のことを言います

より分かりやすく言うと課税売上とは自分の売上(消費税が掛かるもの)に係る消費税額を言います

課税仕入れとは単に仕入れのことと考えるより自分か支払ったまたは支払うべき誰かの売上のことを言います。実例を挙げると事業者(あなた)が居酒屋でお酒を呑んだらその代金は事業者の交際費であり居酒屋さんの売上になります

この例でいくと居酒屋さんは売上に関する消費税を国に納めているのだから納めた分の消費税を事業者(あなた)の売上に係る消費税から控除できることになります

インボイス導入前の消費税では消費税の納税有無を確認することなく消費税の控除を計算していました

今回のインボイス制度の導入によりインボイスのNoを割り当てられた事業者(適格請求書発行事業者)に支払う他人の売上(控除対象仕入)に係る税額だけが控除できることとしたわけです

今回の改正により課税売上1000万円未満の事業者が適格請求書作成事業者となれば課税事業者とならなければならなくなるのです(消費税を納めてないと控除できないためです)

消費税に関しては課税される場合のすべてが降りに原田楽とは限りません

これは直接税である法人税。所得税・相続税と間接税である消費税との違いです(直接税は利益を得た人が税を負担するが間接税は負担する人と納付する人が違うからです。酒税・たばこ税は間接税です。酒屋で酒買っても酒税を負担するだけで納付は酒蔵を出るときに先払いされているわけです)

酒税等は単段階課税で消費税は多段階課税の間接税であるということです(大根100円買って108円支払っても8円負担するだけで8円国に納めることはないでしょ)

消費税は多段階課税の間接税です

例えばローン組んで事業用の自動車購入したらその消費税分だけ納税額が減ることになる士他人の売上の方が多ければその金額が返ってくることになります


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

相続必要書類(基本編)

亡くなられた人の除籍謄本等・・・被相続人(亡くなられた方)の戸籍謄本等は、「死亡の事実の確認」と「法定相続人の確認」のために必要となりますので、亡くなられた方の出生から死亡までの連続した戸籍謄本等をご用意ください。 なお、本籍地を変更したとき、結婚や養子縁組のために別戸籍に編入したときおよび法律による戸籍簿の改製がなされたときは、「戸籍簿」が切り替わるため、原戸籍・改製原戸籍等、前・後の戸籍謄本が

今話題のインボイスのお話

インボイスに関するお話です 巷で話題のインボイス制度に関して簡単に解説しますね インボイス制度とは消費税法の改正で「インボイス(適格請求書)」を用いて仕入税額控除を受けるための制度です 消費税は法人税や所得税と違い間接税です 法人税や所得税は直接税で利益(所得)に税率をかけて税金を納めます つまり儲けた人が税金を負担するわけです 納税者(居住者)=儲かった人=負担者なわけです では間接税は負担する

何時借り入れを起こして何時止めるのか?そして利息のお話

先ず経営者としていつ借入を起こすのが正解なのか?について これは答えは簡単!儲かっているときです・・・これ絶対(キリッ) 前節でもお話ししたように銀行って「晴れの日の傘」です。基本、成長企業にしか金なんか貸したくない(これ当たり前) さらに付け加えれば儲かる兆しが現れた時から銀行交渉・資金繰りは始まると思ってください 銀行員は起業家ではないからビジネスの本質は知りませんだからここにプレゼン能力が必

bottom of page