top of page

資金繰りと会計の違いについてポイントはここにある?

某●本生命の保険に関して国から販売を自粛するような御達しが出て生保エージェントの方々は大変だと思います。

ここでは「節税」と「資金繰り」に関するお話でをいたしましょう


まずこの問題は

・節税をキャッチに保険を売るな!・・・節税の本当の意味考えたことある?

・法人契約を如何に勝ち取るかをベースにした商品開発・・・節税至上主義の弊害ですよ

・節税と資金繰りを理解していない人々・・・この部分を一番の理解してほしいのです

ということになるでしょう。(因み順番は独断と偏見でアホさ加減の大きい順に書いてます)


結論から言えば資金繰りの基本が解ってたら保険で節税なんて考えません。利益出ました即節税なんてアホです(断言)


なぜか!

その理由の前に節税商品(保険)を購入した会社のほとんどが3年又は5年で払い済みとか解約を余儀なくされる。これはどうしてか?

ここに資金繰りと損益計算の大きな違いがあることに気付く人間が何人いるでしょうか?

アホな私は長い間企業に損益変動が原因だと思ってました・・・アホですよね~~~


国も保険会社に「節税をキャッチに保険を売るな!」なんてお達し出す前にしっかり理由を説明すればいいのに・・・


実はここには節税の「罠」と資金繰りの「罠」この二つが同時に存在するわけです。


先ず解りやすい損益の基本

会計における利益は収益ー費用=利益が基本

収益には売上・雑収入他で構成され借入の収入などは含まれない。費用とは仕入・販管費・支払利息などで借入返済などは含まれない

収益>費用ならば利益・収益<費用ならば損失


節税するには費用を増やせばいい


では資金繰りで同じことを考えるとどうなるか?

資金繰りでは期首資金残+(収入ー支出)=期末資金残


収入とは売上だろうが借入だろうがなんでもかんでも・・・キャッシュインのこと

支出とは仕入だろうが返済だろうがなんでもかんでも・・・キャッシュアウトを意味します

(キャッシュインとキャッシュアウト・入金と出金と考える方がわかりやすいですよ)


さぁ~ここで問題

収入>支出なら問題なし 収入<支出さらに期首残+(収入-支出)<0ならどうなるか?


こたえは・・・倒産(黒字でも)・・・ハイ!チーンでございます(手許現金は0以下なんてありえませんからネ)


資金繰りと会計の大きな違いがここにあるわけです


だからこそ資金繰り改善の秘策もここにあるということになりますよね

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

相続必要書類(基本編)

亡くなられた人の除籍謄本等・・・被相続人(亡くなられた方)の戸籍謄本等は、「死亡の事実の確認」と「法定相続人の確認」のために必要となりますので、亡くなられた方の出生から死亡までの連続した戸籍謄本等をご用意ください。 なお、本籍地を変更したとき、結婚や養子縁組のために別戸籍に編入したときおよび法律による戸籍簿の改製がなされたときは、「戸籍簿」が切り替わるため、原戸籍・改製原戸籍等、前・後の戸籍謄本が

インボイス制度の概要

消費税のインボイス制度、正確には適格請求書制度のことを言います そもそも消費税は課税売上に係る消費税から控除対象仕入に係る消費税(これを控除対象仕入税額と言います)を控除した金額を納付する税法です まず課税売上とは事業者の課税対象となる売上高の事を言います そして控除対象仕入税額とは消費税が掛かっている仕入や経費のことを言います より分かりやすく言うと課税売上とは自分の売上(消費税が掛かるもの)に

今話題のインボイスのお話

インボイスに関するお話です 巷で話題のインボイス制度に関して簡単に解説しますね インボイス制度とは消費税法の改正で「インボイス(適格請求書)」を用いて仕入税額控除を受けるための制度です 消費税は法人税や所得税と違い間接税です 法人税や所得税は直接税で利益(所得)に税率をかけて税金を納めます つまり儲けた人が税金を負担するわけです 納税者(居住者)=儲かった人=負担者なわけです では間接税は負担する

Comments


bottom of page