top of page

資金繰りの基本お話(1)

資金繰りとは何か?銀行で資金繰り表の提出を求められたときどうしたらいいのか?

ここのところの基本的考え方です

困っているから金貸してということで資金繰り表を作る?これが基本的に間違っています


いきなり何を言い出すんだと思います?

もっと言うと借入と経費削減って似てるんですよ!

何がって仕掛けるタイミングが同じなのです


「うんうん、利益がでなくなったタイミングだよね」って思った貴方そこが大きな間違いです

借入金も経費削減も利益が出ている時にするべきというかしなければいけないのです


ナゼか?利益が出る時と経費削減は投資が必要ということなんです


先ず利益とは何か?

会計学上利益とは資産の増加・負債の減少・売上-仕入経費の差額を言います

つまり利益とはその会計期間に増えた資金の事です(入金のタイムラグがあるから増えたまたはこれから増えるであろう資金のことです)

では利益を得るためには何が必要か?

黙って祈ってても待っていてもお金は降って来ませんよね

当然必要なものは先行投資!投資と回収の差額が利益です


利益が出て事業規模が大きく成れば当然投資規模も大きくなる!ここで多くの経営者は間違いを犯すのです

このタイミングで「節税」に走る


利益×税率=税金なのですから利益が大きく成れば税金が増える・・・だから節税・・・


はっきり言いますね。高速道路でアクセルを思いっきり踏み込むと同時にフルブレーキかけたらどうなるか考えてみてくださいな


経費削減も同じです。業務環境のIT化とかシステムの導入も先行投資が必要です

コピー用紙の裏紙使うとか交際費減らすとか経費削減効果なんか皆無ですよ!はっきり言って業務効率下がるだけです


売り上げが増え利益が出るのなら先ず投資資金を増やすこと。投資資金は経費削減に使うのも有効な方法なのです


このタイミングで銀行借入起こすのは正解です

借りたお金は売上ではないので利益とは関係がない・・・つまり税金は増えない。その代わり返済元本は経費にはならない

利益×税率=税額なのですから借入資金で税金納めても問題ないのですよ(利益が嘘でない限り利益を超える税額なんかありえませんから)


資金繰りとは入金に売上と借入・出金には仕入経費と返済の各2種類があることをよく覚えておいてください


今までの考え方が基本的に間違っていることをまず知ってから次の資金繰りと会計のお話に進めたいとおもいます


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

相続必要書類(基本編)

亡くなられた人の除籍謄本等・・・被相続人(亡くなられた方)の戸籍謄本等は、「死亡の事実の確認」と「法定相続人の確認」のために必要となりますので、亡くなられた方の出生から死亡までの連続した戸籍謄本等をご用意ください。 なお、本籍地を変更したとき、結婚や養子縁組のために別戸籍に編入したときおよび法律による戸籍簿の改製がなされたときは、「戸籍簿」が切り替わるため、原戸籍・改製原戸籍等、前・後の戸籍謄本が

インボイス制度の概要

消費税のインボイス制度、正確には適格請求書制度のことを言います そもそも消費税は課税売上に係る消費税から控除対象仕入に係る消費税(これを控除対象仕入税額と言います)を控除した金額を納付する税法です まず課税売上とは事業者の課税対象となる売上高の事を言います そして控除対象仕入税額とは消費税が掛かっている仕入や経費のことを言います より分かりやすく言うと課税売上とは自分の売上(消費税が掛かるもの)に

今話題のインボイスのお話

インボイスに関するお話です 巷で話題のインボイス制度に関して簡単に解説しますね インボイス制度とは消費税法の改正で「インボイス(適格請求書)」を用いて仕入税額控除を受けるための制度です 消費税は法人税や所得税と違い間接税です 法人税や所得税は直接税で利益(所得)に税率をかけて税金を納めます つまり儲けた人が税金を負担するわけです 納税者(居住者)=儲かった人=負担者なわけです では間接税は負担する

Comments


bottom of page